引越し業者 北九州 安い

引越し業者北九州を簡単に探す方法

引越し業者 北九州

引越し 安い 北九州

引越し 料金 北九州

引越し 費用 北九州

引っ越し 業者 北九州

 

北九州市で引越し業者を検索すると、170件以上ヒットします。
こんな沢山の中から1社だけを選ぶのは大変な作業です。

 

引越しを安くしたいなら、複数の会社から見積もりを取りましょう。

 

今は簡単な引越し業者一括見積もりがありますので、賢く活用してくださいね。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

あなたの引越し情報を1回入力するだけで、最大10社の見積もりが取れます。

 

サービスや価格を見ながら、あなたが一番いいと思う会社をえらんでください。

 

引越し費用は人それぞれ。
引越しの相場や最安値の業者を知りたいという時にも、一括見積もりがオススメです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し費用の相場と時期

 

北九州市 引越し 相場

 

引越し料金はいつでも同じではなく、時期によって値段がかなり大きく変わります。
3〜4月は1年で最も引越し件数が多い繁忙期で、引越し業者はスタッフを増やして対応したりするために費用が1年で1番高くなります。

 

この時期に引越しされる方は新居が決まったらすぐに引越し業者一括見積もりを行って業者を決めてしまったほうが良いです。
安くてサービスの良い引越し業者はどんどん予約が埋まってしまい、最悪の場合は希望日に引越し業者が見つからないなんてことになります。

 

しかし繁忙期を避けられるなら、他の月に引越ししたほうが費用の面ではかなり有利です。
ただ通常期でも、土日祝日の午前中は引越し希望者が多いため費用は他に比べてやや高めなります。

 

このように引越しの料金は時期と日程、時間によって異なります。
自分の引越しがいくらかかるのか実際の価格を知りたいなら、早めに見積もりを取って相場を知っておくといいですね。

 

 

引越しの挨拶は?

 

引越しのあいさつ

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行くのがおすすめです。
先延ばしにすると挨拶に行くのが面倒くさくなったり、道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

引越し日までに簡単な粗品を用意して、早めに行きましょう。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子などが多いようです。タオルや洗剤などが喜ばれると思います。

 

ご近所に挨拶と言っても、どこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に挨拶しましょう。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、そちらにもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制で清掃を行っているところが多いです。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですね

 

 

引越しの手順

 

引越し手順

 

引越しには数多くの手順がありますが、同じ時期にするものは決まっているので前もって把握しておけば無駄がありません。
まずはどうのような手順があるのか大まかに確認してください。

 

 

・新居を決まったら、引越し業者に見積もりを依頼する。
引越し業者の見積もりは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりません。
例えばエレベーターがある4階とない4階では引越し費用は同じではありません。
新居が決まったら早めに見積もりを取って、引越し業者をおさえましょう。

 

・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに荷物をすこしずつ梱包します。使わないものからどんどん片付けましょう。
その時に出る不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てましょう。
荷物が多いと引越し費用が高くなりますから、いらないものは売る、あげる、捨てるなどの方法で処分しましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)
市外へ引越しする際は、市議の選挙などのお知らせが新居に届くように手配しなければなりません。
役所に転出届を提出しましょう。さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞くといいですね。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
生活インフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しましょう。
新居での手配をうっかり忘れて、電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多いのでお気をつけください。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)
郵便物が新居に届くようにするには引越ししましたハガキを出したり、住所変更の手続きが終わってからになります。
郵便局に転送の手続きをしておけば、1年間は新居に届くように郵便物の転送ができます。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。

引越し当日は荷物の運送は引越し業者におまかせするとして、どこに家具を置くかなど指示が必要です。
前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日はかなりスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続き
市役所関係以外でも、住所変更が必要なものがあります。
銀行カード、免許証やパスポートなど身分証になるものなど住所変更の手続きが必要です。
クレジットカード、生命保険、自動車保険なども住所変更の連絡を入れましょう。

 

 

引越しの初期費用とは?

 

引越しの初期費用

 

引っ越しはお金がかかりますが、中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
物件取得費には、どのようなお金がかかるのかを確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては以下のようなものがあります。
いろいろ専門用語でわかりにくいですから、かんたんに解説していきましょう。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

・敷金は壁や床の傷んだ箇所を修理する費用で、入居の前に集めて管理会社があずかっているお金です。
部屋を綺麗に使っていれば使わなかった分は返金されるお金です。
入居前に家具がない状態で、おおきな傷や気になる箇所は写真に撮って自分がつけたものではないことを証明できるようにしておきましょう。

 

・礼金は大家さんに支払われるお金で昔からの慣習ですが、最近は礼金ゼロの物件も増えています。
人口に対して空き家が増えており、礼金をゼロにすることで入居しやすくしたり努力しているのです。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらう大家さんもいます。
社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。
反対に1カ月家賃無料のフリーレント物件もあります。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。
法的に1件あたり〇〇円という決まりがないので、会社によって金額が異なります。
最近は仲介手数料無料の会社もあります。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しましょう。
火元が自分でなくても、火事でもらい火をした場合でも、火元の住民に賠償を求めることはできないからです。
基本的にはもらい火でも自己責任となりますので、自分のために加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
以前は家賃滞納のリスクに備え、契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でした。
しかし最近は一人親、一人っ子も多くなり連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが主流になりつつあります。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかりますが、カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
他人が自分の家のカギを所有している可能性がありますので、防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

このような費用がかかります。

 

 

 

福岡県北九州市
門司区 八幡東区 若松区 小倉北区 小倉南区 戸畑区 八幡西区

 

 

 

引越し業者新宿 引越し業者江東