引越しトラック 大きさ 道路の幅

引越しトラックの大きさと道路の幅

引越しトラック 道幅

 

引越しで使うトラックにはいろいろな大きさがありますが、小さいすぎると荷物が全部入らないことがありますし、大きすぎると無駄に経費がかかります。

 

ちょうどいい大きさのトラックを選ぶのが無駄がありません。

 

しかしせっかく選んだトラックも、物件に面する道路の幅が狭いときは使えないことがあるのでご注意ください。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

大きいトラックを使うときはそれなりの広さのある道路が必要です。
物件に行くまでに難所がある場合も、引越し業者に相談しておいたほうがいいですね。

 

トップページ > 引越し業者は北九州で安いこちらの会社